Logo 法律相談

AsylumStatus.com VISA・不法滞在生活脱出 永住権 グリーンカード

人道支援プログラム:10年以上の方、そろそろステータスを永住権へ

キャンセレーション オブ リムーバル(Cancellation of Removal)をご存知ですか?

アメリカに10年以上居住していて、お子さんが米国市民権をお持ちの場合に、「アメリカ人の子供のが、永住権を取得する」方法です。またお客様の経歴によっては配偶者、ご両親が米国籍をお持ちの方でも申請が可能です。

不法滞在やステータスがない場合でも可能ですか?

不法滞在等でステータスがない場合でも、アメリカに10年以上継続的に滞在し、子供や配偶者、ご両親がアメリカアメリカ市民権(英:Citizenship)を保有しているならば、申請することが可能です。ただし長期の不法滞在をされている方の中には、就労が不可能なだけでなく、社会保障番号(Social Security Number)や運転免許証を取得できずに不自由な思いをされている方もいらっしゃいます。そのような場合はまずアサイラム(英:Asylum)の申請から始め、労働許可証を取得しアメリカでの生活を安定させてからキャンセレーション・オブ・リムーバルを申請されることを推奨しております。

アサイラムを申請すると、労働許可証(英: Employment Authorization Document、通称EAD)も発行され、合法的に米国内での就労ができるようになります。また滞在ステータスも合法となりアメリカに居住する上での問題も解消されますので、不法滞在であることからくる不安な日々からも開放されます。アサイラム申請は結婚以外で唯一合法ステータスに戻せるチャンスと考えていいでしょう。キャリアアップを計るために学校に通う場合も、現地の学生と同じ費用で通うことが可能になりますし、もちろん納税の義務をずっと果たせば、アメリカのソーシャルセキュリティベネフィット(年金)、Food Stamp (低所得者向けの食糧援助)、Unemployment (失業者向けの各種支援)、職場での事故での医療手当て(Medicaid)などの政府からのベネフィットも申請の対象となります。

アサイラムを読む

アサイラム申請をし、アメリカでの滞在資格や生活を安定させた後、ようやくCancellation of Removalの申請をします。過去の不法滞在についての異議申し立ても移民局裁判所へ申請するため、弊社専門スタッフと裁判経験豊富な弁護士が万全のサポート体制の元、これに臨みます。

移民局裁判所とは?

裁判所では裁判官が審議するため、必ず弁護士をつけて、裁判所側の弁護士と討論をします。

アメリカでは弁護士はそれぞれ専門分野が異なり、一人ひとり得手不得手な分野があります。その分野に強い弁護士を探すことが最もトラブルの少ない道となります。実際にカリフォルニアにも何万人といる弁護士の中で、移民法を専門とし、さらに人道支援を目的とした案件に取り組むことが出来る弁護士はごく僅かです。弊社が提携する弁護士は、その中でも数少ない、経験豊かで信頼が出来る弁護士が揃っております。過去に日本人を含め複雑かつ特殊なケースが多い移民局裁判を勝訴に導き、ビザ取得を成功させてきております。

AsylumStatusのスタッフは、お客様の現在の状況において様々な解決法をご提示させていただくだけでなく、ご相談頂いてから裁判が終わるまでの、様々な疑問に関しても経験豊富な弊社日本人スタッフが、お客様とアメリカ人弁護士との間に立ちサポートいたします。良い弁護士を雇ったとしても、言語やコミュニケーションの問題、お客様ご自身の自身のケースに対する認識不足があれば、たとえ腕の良い弁護士であっても対応が難しくなってしまうことは多々あります。そのため、弊社の法律知識、実戦経験ともに豊富なスタッフが、日本語にてお客様の問題を法的に読み解くお手伝いをし、アメリカ人弁護士に依頼する段階でご自身の依頼内容に対して明確なビジョンを持っていただき、その後の裁判に臨むことが得策です。弁護士だけが、又はお客様だけがやる気に満ち溢れていてもこのような人道支援に関する裁判においては勝つことが出来ません。お客様、弁護士、弊社スタッフが三位一体となって裁判に挑むことが、勝利への大前提となります。

永住権取得へも繋がるステータスに変更し、将来はグリーンカード、ひいては市民権を持つことも可能なのがキャンセレーション・オブ・リムーバルです。一人ひとりケースが異なりますので、お話を伺い対策を立てることができます。ご興味のある方は、カウンセリング申し込みのご連絡ください。