Logo 法律相談

AsylumStatus.com VISA・不法滞在生活脱出 永住権 グリーンカード

人道支援プログラム:不法滞在(Out of Status)から合法へのアサイラム

不法滞在(Out of Status)となってしまったステータスを、合法滞在に戻す方法があるのをご存知ですか?

すでにアメリカに滞在されている方の中には何らかの事情によりビザを保てなくなり、結果的にビザが失効し不法滞在になっている方もいらっしゃいます。そのような方たちは合法的な就労も出来ないため現金払いのアルバイトをする日々を過ごしており、唯一の解決手段として認知されている結婚という道からも金銭的な面から実行に移せず、悪循環にはまってしまっています。このような状態で日々を過ごされている方々のストレスは計り知れないものであり、また不法滞在となった経験がある人にしか分からないものです。それでもアメリカに残り続ける理由は皆さん様々にお持ちのことと思います。

そのような未来が見えない状況を変えるための手段に、アサイラム(英:Asylum)というものがあります。現在不法滞在となっている方の中にも、アサイラムに該当する方が数多くいらっしゃいます。そのような方々がアサイラムを申請すれば、不法滞在ではなくなり、なおかつ様々なメリットを得ることが可能となります。

アサイラム申請をするメリットとは?

  • アサイラム申請をすることによって、現在の不法滞在(Out of Status)という状況から脱却できます。不法滞在からくる様々な悩み(周りの目や、検問等の警察、移民局との接触)から開放されます
  • 結婚とは異なり、個人での申請が可能です。配偶者を探す努力や、養っていくだけの金銭的な問題などはありません。もちろん、不法滞在の日本人同士や外国人の配偶者がいるご夫婦や、米国籍を持たないお子さんがいるご家族でも申請は可能です
  • アサイラム申請から一定の期間が過ぎると労働許可証(Employment Authorization Document、略称:EAD)の申請が可能となり、合法的な就労が可能となります。キャッシュベースのアルバイトからより支払いの良いアルバイトに転職や、正規雇用を目指すことも可能となります
  • 社会保障番号(ソーシャルセキュリティーナンバー、英:Social Security Number、略称:SSN)をお持ちでない方はEAD申請と同時に取得が可能です。就労(主に納税)で必要となるものですが、これにより銀行のSaving Account (普通預金口座)やクレジットカードの開設、自動車や家等のローンも組むことが可能となります
  • 不法滞在の状態では出来なかった運転免許証の新規申し込みや更新も、滞在資格の証明が可能となるので問題なく出来るようになります

アサイラムの申請をサポートできる弁護士事務所は、アメリカに何万人といる弁護士たちの中でも少数です。更に日本人というアサイラムの中でも特殊なケースをこなし、より良い結果に導いてくれる弁護士となると一握りしかいません。不法滞在からのアサイラム申請は、移民局裁判所(英:Immigration Court)への出廷をする可能性が高いため、お客様の意見を代弁し、また時には守ってくれる“弁論”が出来る弁護士を必須とします。弊社提携の弁護士たちは、日本人だけでなく数多くのアサイラムというケースにおいて多くのお客様をサポートし、裁判においても数多くの申請者を勝訴に導いてきた実績があります。

しかし良い弁護士を見つけたとしても、法律的な知識や英語を知らないと弁護士とのコミュニケーションが取れず、結果的に敗訴となってしまうケースも多々あります。そこでAsylumStatusではお客様と弁護士の間を取り持つためのサポートを致します。弊社は2006年に日本人のアサイラム申請を日系の法律サービス、弁護士事務所では初めて行い、その後も多くの実績を上げています。弊社のサービスは単なる書類作成や翻訳等だけではなく、ご依頼をされたお客様と経験豊かなスタッフが綿密に話し合い、お客様の置かれている状況を把握し、法的にはどのような立場となるかご説明致します。その後伺ったお客様の情報をもとに弁護士に詳細な説明をし、弁護士がクライアントであるお客様のケースを熟知した上で申請が出来るようサポートしています。またお客様に対しても複雑なアメリカの法律のご説明や、法的な書類における英文作成のサポートだけでなく、担当弁護士との間を取り持つことにより、よりよい申請書類が作成できるよう努めております。勿論英語があまり得意でないお客様に対しては、翻訳、通訳などのサービスも行っておりますす。

アサイラム申請においてはお客様と弁護士が同じビジョンを持ち、ともにゴールを目指すことが必要不可欠となります。弊社はその間を取り持ち、三位一体となってケースに望めるよう全力でサポート致します。

不況や貧富の差等、将来にそなえて

アメリカに初めて来る時、世界一の先進国、超大国というイメージを持って来られた方も多いかと思います。それはたしかに事実です。しかしそのアメリカという社会においても経済の浮き沈みは勿論ありますし、特に貧富の差に関しては、日本よりも著しいものとなっています。不法滞在者はそのような経済の浮き沈みに対しては対応することも叶わず、貧富の差においても脱却することが叶わずに常に貧の側にいることとなります。

勿論その中の多くの人が、今の状況を変えたいと悩んでいることでしょう。しかし、ステータスがないからちゃんとした仕事ができない。いい仕事につけないからお金が回らない。お金がないから向上させようにも出来ない。という悪循環に陥っているのも事実です。悪い流れというのは、気づいた時から徐々に修正をしていかないと、底なし沼のようにどんどんと深みにはまってしまうものです。時間はどんな人にも等しく流れていき、その潮流の中で時代もニーズも状況も刻々と変化していきます。そのような変化の波にうまく乗っていくための建設的な土台作りが出来るよう、時には思い切った決断をする必要があります。

そのための第一歩がアサイラム申請です。アサイラム申請をすることにより、ステータスが合法となり、就労や就学も可能となる。就労をして収入を得たり、就学をして知識を深めることにより、自分の生活が向上してく。弊社ではこのような良い連鎖を生んでいくための土壌づくりをサポートしています。アメリカという社会から孤立し、自分の殻に閉じこもってしまっている人々の手助けをし、アメリカに初めてきた時のような夢と希望に溢れた人生を再び送っていただけるように後押しをしております。

アサイラムとは。

アサイラムとは移民法において定められている外国人の避難、亡命、保護を目的とした制度です。区分としては、移民カテゴリーの中の人道支援カテゴリーに含まれているものです。そのため一般的なF-1、E-2、H-1B等、就学、就労、投資、結婚等の非移民ビザとは根本的に異なります。アメリカにおいて移民カテゴリーでビザとして分類されているのは永住権(グリーンカード)のみであり、ビザではないが同じ移民カテゴリーに分類されているアサイラムは、永住権と同等の権利を有することが出来ます。就労に関しては労働許可証 (EAD)を個人で取得するので、企業からのビザサポートなどを受ける必要がなくなり、自由に就職、転職をすることが可能となりますし、就学を考えている方は現地のアメリカ人と同じ学費で通うことが可能ですし、働きながら学校に行くことも問題にはなりません。またそれらの権利を行使するために必要な社会保障番号(Social Security Number)も同様に取得出来ます。勿論非移民ビザでも可能な、運転免許証などに関しても同様に取得することが可能です。つまり、アメリカという国に“移民をした人間”として生活を送ることを目指したステータスです。詳しくはアサイラムの項目を御覧ください。

アメリカ国内にいる日本人を対象に、アメリカで合法的に滞在できる道をお手伝いいたします。

アメリカでの生活が長くなればなるほど、我々外国人は各々の滞在資格の違いが明確に現れ、それがそれぞれの生活レベルの差につながっていきます。不法滞在である人々はその中では、最も苦しい環境にいるだけでなく、犯罪者として生きていく事を強いられ、かつその状況を逆転するための手段もない状態に追い込まれています。AsylumStatusでは、そのような人々の個々の事情を考慮し、弊社提携の人道支援専門の弁護士とともに、最善の解決策を提示出来るよう日々努めております。お客様の現在の状況によって、提示できる案は異なります。弊社では申し込み前の事前カウンセリングを無料で行っておりますので、一人で悩む前にまずはご連絡下さい。

アサイラムの対象となる一般的なアウト・オブ・ステータスの事例

  • EビザやHビザへの切り替え、延長がうまくいかずに却下されてしまい、再申請に関してもいい結果は得られず、そのままビザが切れてしまった
  • 日本で支援してくれていた家族が経済的に困窮してしまい、それに伴って学校を退学しビザも失ってしまった
  • 就職先を探していたが、不況の煽りを受けて就職難となり、結果的にOPTまたはビザが切れてしまった
  • 10年ほどビザがない生活を送っているが、将来に不安を感じる
  • I-94の更新を忘れてしまい、ビザの更新が出来ないばかりか、持っていたビザも失ってしまった
  • 現在米国内に住んでいてビザステータスの変更を申請しているが、手続きが進まずに保留中(Pending)となったまま何年も経過している。担当をした弁護士に相談をしても放っておけばいいとしか言われず、正式にステータスが切り替わっていないせいで、DMVなどの公共機関でも書類手続きが出来ない
  • 合法滞在である証明が出来ないため、運転免許証の新規申請・更新手続きが出来ずに困っているる