Logo 法律相談

AsylumStatus.com VISA・不法滞在生活脱出 永住権 グリーンカード

人道支援プログラム:不法滞在(Out of Status)から合法へのアサイラム

10年以上いると法律的に何か別の方法がある?

アメリカに通算10年以上いる場合、子供の有無によって分かれます。

例: 2001年から現在2011年までの間、帰国は毎年1週間から10日行っているとしても、ずっと滞在している場合は10年と考えられますが、2001年から2011年までの間に2年間日本にいた場合はまだ8年と計算します。

  • 子供がアメリカ国籍の場合、当人である親が10年以上アメリカに滞在している場合は、10年以上滞在のリンクをご覧ください。
  • 子供が日本国籍、または子供がいない場合はアサイラムでステータスを合法に戻すことが最善の策です。

アメリカに10年いても、まずはステータスを戻し、移民局の書類で10年間ステータスがないことをまずは知らせないと何も始まりません。

アサイラムを申請すると、労働許可証(英: Employment Authorization Document、通称EAD)も発行され、合法的に米国内での就労ができるようになります。また滞在ステータスも合法となりアメリカに居住する上での問題も解消されますので、不法滞在であることからくる不安な日々からも開放されます。アサイラム申請は結婚以外で唯一合法ステータスに戻せるチャンスと考えていいでしょう。キャリアアップを計るために学校に通う場合も、現地の学生と同じ費用で通うことが可能になりますし、もちろん納税の義務をずっと果たせば、アメリカのソーシャルセキュリティベネフィット(年金)、Food Stamp (低所得者向けの食糧援助)、Unemployment (失業者向けの各種支援)、職場での事故での医療手当て(Medicaid)などの政府からのベネフィットも申請の対象となります。