Logo 法律相談

AsylumStatus.com VISA・不法滞在生活脱出 永住権 グリーンカード

他のビザとの違い

弁護士が面接に同伴できるメリット

2002年頃までは非移民ビザ申請の際に弁護士が面接会場へ同伴し、クライアントに代わり面接に対する代理返答が可能でした。しかし近年弁護士が一緒に面接についてきてくれることができなくなりました。とても不安ですよね。

私たちのサポートのメリット

  • 書類作成代行
  • 面接リハーサル(弊社サービス) - 通訳を介して対応することの練習
  • 面接リハーサル(弁護士側からのサービス)
  • 面接時の通訳の手配
  • 日本から渡米されるお客様への環境サポート
    • 日本から渡米されるお客様はハウジングの問題を始め、アメリカという新しい環境でケースをスタートさせるため、弊社では弁護士オフィス周辺で、徒歩である程度の生活ができるエリアのご紹介をするなどサポートしております
  • メディカルスタッフの充実
    • PTSD、トラウマ、フラッシュバックなどでお困りの方の医療サポートには現地での継続的な医療サポートが必要となります。信頼できる(日本語での受診ができる) 医療機関の手配やLGBTセンターのご紹介なども行っております

弁護士の仕事

一般的なアメリカの弁護士とは

弁護士にどのような印象をお持ちでしょうか?
優秀?お金だけとって腹黒い?近寄りがたい?
難しい試験を乗り越えてきたから優秀?料金に見合った仕事をしていない?お堅い仕事のイメージがあるから近寄りがたい?

アメリカで弁護士を雇うということは、自分のケースや目的を理解してから、その内容を弁護士に「専門的に強化してもらい、効率よく定めたゴールへ向かう手伝いをしてもらうもの」です。つまりあなたの代弁者でありプレゼンテーションを行ってもらう人です。

書類弁護士と弁論弁護士

通常の移民VISAの面接に弁護士が同伴できなくなり、移民弁護士は大きく2種類に分かれました。

それは書類弁護士と弁論弁護士です。

書類弁護士とは書類を揃える業務を中心に行っています。投資家向けのEビザや就労ビザであるH1bなどで、どれだけこの申請者はアメリカにとって有益であるかを書類で表現し、準備します。つまり書類を作成した後は、クライアントが一人で面接を乗り越える必要があるのです。

弁論弁護士とは、法廷にクライアントと一緒に出席し、クライアントのためにありとあらゆる知恵や法の知識を使ってクライアントの弁論・弁護をして、相手側の弁護士と戦います。

アサイラムの申請の場合、弁護士が一緒に面接に同行し、裁判所へ同行するため、一般的なビザ申請と異なり弁論弁護士が依頼者であるお客様自身を保護し、応戦し、サポートしてくれるということです

アサイラム移民局事情

米国のアサイラム申請には国籍の理由、宗教の理由、人種的理由、政治的理由、拷問、ある特別な環境下での理由と大きく分けて6つのカテゴリーに分類されます。世界情勢からの亡命希望の多くは国籍、宗教、人種、政治的理由や拷問などのカテゴリーに入ります。

そして日本人の多くはある特殊な環境下での理由に該当する人々が一般的です。

「他の地域や人々と比べて自分のケースは一般的ではないのではないか」という疑問を持たれる方も少なくはないと思いますが、該当するカテゴリーから申請内容を審査されるため、必ずしも紛争地域などの国からの申し立てと異なるのでケースが成り立たないということではありません。

自分の実際の体験談を切実に説明することがとても大切です。