Logo 法律相談

AsylumStatus.com VISA・不法滞在生活脱出 永住権 グリーンカード

結婚ベース永住権トラブル: 婚姻によって生じるビザ、永住権に関するトラブル

アメリカでは結婚に伴う永住権の申請が、一番の近道と言われています

日本に在住の方でもご存知の“最も代表的な”永住権の取得方法は、「アメリカ人(米国市民権保持者)との結婚」と思われます。

AsylumStatus.comでも例に漏れず、結婚の際の書類作成サポートだけでなく、それに伴うビザ、永住権の申請のご相談も受け付けております。

しかし、いざ結婚をしたとしても、トラブルや悩み事に巻き込まれてしまう方々がいらっしゃるのも事実です。下記のチャートが主なトラブルの内容です。

結婚トラブルとは?

  • 1. 結婚をしたが、永住権の申請方法がわからない場合(配偶者が非協力的、もしくは協力的だが何をしていいか分からない)
  • 2. 婚姻以前は協力的、円満な関係であったが、結婚後に暴力、嫌がらせ、いじめ、その他のDVに相当する被害を受けた、そのような被害はないが永住権申請を拒否する様な場合
  • 3. 婚姻関係が破綻し、永住権の許可が下される前に離婚をし、申請自体が白紙になった場合

子供の親権問題を含めると、より多岐にわたったものになってしまいますが、一般的に結婚の永住権関連の内容は、1) 婚姻時に生じるケース、2) 結婚中に生じるケース、3) 婚姻関係終了によって生じるケースの3つに大まかに分けられます。

結婚後の永住権取得までの流れ

結婚時に出す書類と異なり外国人に居住を許可するかという審査があるため、結婚を元にした永住権申請であってもきちんとした書類を出すことが大切になります。またアメリカ人配偶者であったとしても、法律が絡む問題ですので、あまりその分野に詳しくない場合もあります。弊社では結婚を元にした永住権申請の書類作成サポートも行っております。まずはお気軽にご相談下さい。

結婚したけれども、相手の嫌がらせが多く2年待つのが困難な場合・・・

日本人にとってはあまり馴染みがないことですが、移民国家であるアメリカでは米国籍を持たない外国人が結婚をしても、婚姻によって生じる問題から守ってくれるVAWAという法律がります。
"結婚期間中に永住権を待つカップルにおいて、力の差が明白で、外国人の配偶者は弱い立場に立たされる場合が多い。またこの法律には上記の引用にはとらわれない、様々な方法で外国人である私達が結婚において巻き込まれる問題から守ってくれる内容が書かれています。

状況によってはVAWAが適応されるケースも多数あります。どうぞ、お気軽にご相談ください。

結婚したけれども、やむなく離婚されてしまいました・・・

永住権申請後の2年間のテスト期間中に離婚をされてしまい、通常のグリーンカードに切り替えが出来ないばかりか、永住権自体がなくなってしまう方々も大変たくさんいらっしゃいます。その多くが、離婚という突然のことで、結婚後のビザの準備などする心の準備がまだ出来ていません。その結果、離婚になったと同時にステータスがなくなり、途方にくれる人々が数多くいらっしゃいます。

アメリカでは配偶者の心無い行動で外国人配偶者が離婚されてしまった場合には、離婚された理由を説明し、永住権を取り戻す方法があります。

一人で悩むより、一度ご相談ください。